旅行業法について

日本全国を旅行!

旅行業法とは、旅行業者が事業をするにあたって、遵守すべき条件や規則がまとめられた法律です。
旅行業法

旅行の種類

旅行の種類は、大きく企画旅行手配旅行に分かれています。

企画旅行

企画旅行はその名の通り、旅行業者によって企画される旅行で、目的地や日程、料金などが決められた旅行です。旅行会社がこれらの条件を設定して、パンフレット等で応募を呼びかけるのが「募集型企画旅行」で、一般的にパッケージツアーと呼ばれるものです。

逆に、旅行者が依頼し工程などを注文しながら決めていくパターンは「受注型企画旅行」といいます。旅行をする人が要望を出してツアーを組んでいく流れです。修学旅行など、目的地や工程を自由に決めるパターンがこれに当たります。

どちらの企画旅行のタイプも、特にそれぞれの移動手段や宿泊施設の金額を個別に提示することなく、利益を乗せた総合料金を提示することが特徴です。

手配旅行

航空券や新幹線などの移動手段、ホテルなどの宿泊施設を個別に手配する旅行を「手配旅行」といいます。旅行業者は旅行者の希望に合わせて、移動手段やホテルなどを手配します。

旅行の種類

旅行者と事業者

旅行業法では、旅行業者との旅行契約者を「旅行者」と定義します。旅行中に限らず旅行前でも同様です。

また、旅行業法では旅行者と契約する事業者を「旅行業者」と定義しています。他に、旅行業者と航空会社や現地の移動手段、ホテルとの間に入り予約を手配する「旅行サービス手配業者」が存在します。ランドと呼ばれることもあります。

旅行業者は、他社の企画したツアー旅行等を代理販売することがあります。この場合、この場合この旅行業者は「旅行業者代理業者」となります。他社のパックツアー商品などを販売している場合、旅行業者はこの代理業者を兼ねていることがほとんどです。